GO TOP






愉快な仲間TOP
NEXT→
■牛クンと豚クンのコンビニトーク1■


牛島牛一郎(うしじまぎゅういちろう) 1978年生まれ 身長180cm体重70kg
豚山田豚平(ぶたやまだとんぺい)   1978年生まれ 身長170cm体重80kg
が深夜のコンビニで繰り広げる「コンビニトーク」です。


『コンビニトーク』
第一夜 彼女がメイド服に着替えたら


豚 : なんか昨日TVで見てんけど、メイドマッサージっていうのがあるらしいで。

牛 : マジで!明日行こう!明日!

豚 : なんで明日やねんな(笑)
    ていうか、君メイド喫茶も行ってみたいいうて全然いってへんやん。

牛 : まぁそれはいつか行くけど、え?ちょっと待って何?
    それは何をマッサージしてくれんの?
    
それは一体「ナニ」をマッサージしてくれんの?

豚 : いやそんな言い方してもアレやで、足の裏

牛 : 足の裏!?(裏声)
    あの格好で足の裏を揉んでくれるってこと?

豚 : そうやねん、あのなんか黒い格好で。
    足の裏とかふくらはぎ揉んでくれるねん・・。

牛 : ・・・。

豚 : ・・・。

豚 : あ、でもむっちゃ気持ちよさそうやったであの人。

牛 : ん、誰?

豚 : アレ、あの人。高橋克典

牛 : 克典!?(裏声)

豚 : うん

牛 : 金太郎!?(裏声)

豚 : それはしらんけど(笑)
    「恥ずかしいッス」言うてたで(笑)。

牛 : 金太郎やがな!幅広いな〜。(活動の)

豚 : 10分で2000円やって。

牛 : 高っ!プチ風俗や!

豚 : プチってなんやねん(笑)

牛 : え〜、女の子に足揉んでもらうんか〜。

豚 : うん

牛 : あ、でもアレやな。普通のマッサージってこう、
    やってもらってる間気持ちいいから、目 閉じて寝てるやんか。

豚 : うん

牛 : でも、そこいって寝てたらアホやな。
    そんな格好した可愛い女の子にやで?
    足の裏揉んでもらってるわけやから。

豚 : うん

牛 : 「え!?こんな可愛い子が俺なんかの足の裏を!?」
    っていう
揉まれてる姿「興奮」するわけで、
    そこに僕達はお金を出すわけじゃないですか。

豚 : ふぉうやな(そうやな)

牛 : うわ!聞いてないしシュークリームに夢中や!
    あ、でもアレやな。
「逆」もおもろいな。

豚 : 逆?

牛 : 俺らが揉むわけですよ。

豚 : え?

牛 : 俺らが揉んであげるのよ。
    
ローションとかブワーッてもうヌルッヌル
    
ふとももの付け根ギリギリとかまでマッサージする・・。

豚 : ・・・。

牛 : ・・・そんで最後に俺らが「ありがとう」ってゆって
    
2000円渡すねんけど。

豚 : それはただの足フェチの風俗やがな!(笑)
    お前が金払うんかい(笑)

牛 : 豚君やったらどうするん。

豚 : 俺やったら「あ、ここ痛い?ここ肝臓
    ・・ここは?あ〜ここ膀胱(ぼ うこう)」とか。

牛 : それはホンマの足裏マッサージやんけ!(笑)
    
職人やがな(笑)

豚 : あ、でもそれって免許とかいらんのかな?

牛 : あ、ホンマやな。でもそんなんどうでもいいんちゃう?
    別にそこに来る男達は
血行を良くしようとかいう
    目的じゃないんやから。
    まぁ、
別の意味で血のめぐりは良くなっちゃう
    かもしれないですけどね。(ニヤ)

豚 : いや別にうまないからね(笑)

牛 : まあ、実際は可愛い子ばっかりじゃないんやろうけどなぁ。

豚 : でも可愛くなくても指圧のテクがめっさある子とかやったらいいやん?

牛 : だからそれやったら普通のとこ行くゆうてんねん(笑)

豚 : そんなん可愛くてテクのある子なんて
    3ヶ月先まで予約が埋まってますよお客さん!

牛 : マジですか!

豚 : 今何人かは空いていますけれども。

牛 : どんな子がいるんですか?

豚 : 今空いているのは「テクもまぁまぁ〜で、
    容姿もまぁまぁ〜の女の子」と「ゴリラ並みの握力を持った、
    容姿もまぁまぁ〜ゴリラ」の二名ですね」

牛 : う〜んどっちにし・・え?あのすいません二人目 の方って
    ・・・
ゴリラですよね?

豚 : リンゴが大好物なんですよ。

牛 : いやそういうことじゃなくて・・え?ゴリラがいるんですか?

豚 : れっきとした女の子ですよ!

牛 : メスゴリラなんですね!

豚 : リンゴなんて片手で握りつぶしますよ!

牛 : 足砕けてまうわ(笑)


もうええわ






牛島牛一郎(うしじまぎゅういちろう) 1978年生まれ 身長180cm体重70kg
豚山田豚平(ぶたやまだとんぺい)   1978年生まれ 身長170cm体重80kg
が深夜のコンビニで繰り広げる「コンビニトーク」です。


『コンビニトーク』
第二夜 ストライクゾーン


牛 : うわ、豚君!ちょっとあの女の人見て!(小声)

豚 : うわ、背高いな〜。牛君と同じ(180センチ)くらいあるんちゃう?(小声)

牛 : うわ、めっちゃ足長い!めっちゃ足細い!(興奮)

豚 : 牛君!声でかいって!(小声)

牛 : 何買うんやろ・・・まさか・・牛乳?
    
牛乳いけ!あ・・イッタ!
    乳イッターーー!!(実況)

豚 : ヤバイって!聞こえるって!(小声)

牛 : すごいなアレ、あのパンツ(Gパン)サイズなんぼ やねん。
    
十の位一桁やで!一桁!

豚 : いや一桁はありえへんやろ!(笑)

牛 : あ、帰った・・。すごかったな〜。

豚 : モデルかな。

牛 : あんな人にココ(こめかみ)ハイキックされたいわ。

豚 : 君はホンマの足フェチやな!(笑)

牛 : ハイキック KOされて 眠りたい

豚 : いやなんで俳句風にいうたん!?(笑)アホやこの人!(笑)

牛 : 何度でも立ち上がるで。

豚 : (笑)

豚 : でも背高すぎやわ〜180cmくらいあるで。
    自分より背の高い女の子無理やわ〜。

牛 : そんなんシークレットブーツとか
    
頭にシリコン入れるとか努力すればええやんけ。

豚 : なんでそんな「舞の海」みたいなことせなあかんねん(笑)

牛 : いっつもハァハァいうてるし
    口癖も「チャンコ!」やんか。

豚 : いうてへんし!そんなんゆってないでゴワス!あ!

牛 : うん(本 をめくる)

豚 : 冷たっ!振りっぱなしや!

牛 : (笑)

牛 : 背高くても全然いいやん、
    だって俺「
益子直美(元バレー選手)」とかトライクやで。

豚 : マジで!え、あの人何歳?

牛 : たしか38歳とかそんくらい。

豚 : 10コ以上離れてるやん!ストライクゾーン広っ!

牛 : こめかみに飛んできたビーンボ ールでも
    
清原のように自分から当たりにいくからね。

豚 : アホやこの人(笑)
    というか自分こめかみ好きやな!(笑)

牛 : 三度の飯より、パンが好きやからね。

豚 : へぇ〜(本 をめくる)

牛 : 冷たっ!つっこめよ!「パンて!」とか裏声で!

豚 : (笑)

牛 : 豚君はどれくらいの子がいいの?

豚 : 俺は150cmくらいの子が好きやねん。

牛 : ちっさ!

豚 : 150cmくらいで自黒(じぐろ)
    テニス部の副キャプテンみたいな子が好きやねん。

牛 : わかれへん!(笑)なんで副キャプテンやねん(笑)

豚 : キャプテンの子はしっかりしすぎでしんどいけど、
    副キャプテンはある程度しっかりしてて
    下からも好かれてるイメージやんか?

牛 : だからわかれへんって(笑)

豚 : 副キャプテンやから恋愛にも時間がとれるし、
    部活もがんばるみたいな。

牛 : まぁアレやな。

豚 : 何?

牛 : 俺もそうなんやけど、君も病気やな(笑)

豚 : (笑)


もうええわ


GO TOP
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO